■∩∩ うさぎ掲示板 ∩∩に戻る■  最後のレスまで飛ぶ  レスを全部見る  最新レス100件を見る
ジバニャンとれもんの小説屋さん
1  ジバニャン  2017/08/09(Wed) 10:32 ☆ID:/jroiUjU☆
題名通り、小説書く場所です!
41  れもん  2017/08/17(Thu) 19:31 ☆ID:koeJXbxQ☆
3人で!、
42  れもん  2017/08/17(Thu) 19:33 ☆ID:koeJXbxQ☆
ジバニャンって、今話せる?
43  ☆MARISA☆  2017/08/17(Thu) 19:34 ☆ID:gKCVAHuo☆
いいよ〜♪何話す??
44  れもん  2017/08/17(Thu) 19:35 ☆ID:koeJXbxQ☆
私の小学校、めっちゃ人数少ないけんなー笑
45  れもん  2017/08/17(Thu) 19:38 ☆ID:koeJXbxQ☆
ジバニャンいる?。
46  れもん  2017/08/17(Thu) 19:39 ☆ID:koeJXbxQ☆
ありすの学校って、何人ぐらいいる?
47  ☆MARISA☆  2017/08/17(Thu) 19:41 ☆ID:gKCVAHuo☆
全校は、800人くらい。学年は、143人の3クラスだよ♪
48  れもん  2017/08/17(Thu) 19:45 ☆ID:koeJXbxQ☆
はっぴゃくにん…?
未知の次元だー笑
私の学校は、ぜ・ん・こ・う、で!
30人ぐらい。笑
49  れもん  2017/08/17(Thu) 19:47 ☆ID:koeJXbxQ☆
ジバニャンいる?、
50  れもん  2017/08/17(Thu) 19:48 ☆ID:koeJXbxQ☆
ありす、ジバニャンが来るまで、
私たちのスレで話そ!
ジバニャンが来たら、ここのスレで!
51  れもん  2017/08/17(Thu) 19:49 ☆ID:koeJXbxQ☆
ってことで、続きは私たちのスレで!
ジバニャン、来れたらきてね!
52  ☆MARISA☆  2017/08/17(Thu) 19:49 ☆ID:gKCVAHuo☆
えっ(@o@)少ないね〜。運動会とかどんな感じなの??
53  れもん  2017/08/17(Thu) 19:51 ☆ID:koeJXbxQ☆
私たちのスレで話そ! 
ってことできて!
54  ジバニャン  2017/08/17(Thu) 19:56 ☆ID:/jroiUjU☆
>>39
ありがとうございますww。本当に嬉しい
55  ジバニャン  2017/08/17(Thu) 19:57 ☆ID:/jroiUjU☆
ごめん、私落ちないと…
また明日来るねー。
さっきまで別のとこで書き込んでた&動画見てた。
56  れもん  2017/08/17(Thu) 19:59 ☆ID:koeJXbxQ☆
OK👍だよー。また明日ー!
57  ジバニャン  2017/08/18(Fri) 08:31 ☆ID:/jroiUjU☆
おはようー!
58  ☆MARISA☆  2017/08/18(Fri) 08:45 ☆ID:gKCVAHuo☆
おはよう☆
59  ☆MARISA☆  2017/08/18(Fri) 08:51 ☆ID:gKCVAHuo☆
ジバニャンいる?
60  ジバニャン  2017/08/18(Fri) 15:38 ☆ID:/jroiUjU☆
小説の設定は自由帳(懐かしい!)に書いてるよー。
61  ☆MARISA☆  2017/08/18(Fri) 16:09 ☆ID:gKCVAHuo☆
私もだよ☆小説書くのハマる〜(>_<)/
62  ジバニャン  2017/08/18(Fri) 16:26 ☆ID:/jroiUjU☆
小説のキャラを描いてみたり…。もう楽しい
63  ☆MARISA☆  2017/08/18(Fri) 17:24 ☆ID:gKCVAHuo☆
私は、名前決めが楽しい♪
64  ジバニャン  2017/08/19(Sat) 11:10 ☆ID:/jroiUjU☆
ちなみに今回の小説はキャラ達を「動物」に例えようかなぁとか思ってます。
65  ☆MARISA☆  2017/08/19(Sat) 11:27 ☆ID:zyx7RnFQ☆
そうなんだ☆楽しみにしてます!!
66  ジバニャン  2017/08/19(Sat) 17:04 ☆ID:/jroiUjU☆
なかなか書けれなくてごめんねー。
67  ☆MARISA☆  2017/08/19(Sat) 18:31 ☆ID:zyx7RnFQ☆
>>66  全然大丈夫♪中3とかだと受験勉強大変でしょ?来てくれるだけで嬉しい♪私もなかなか書けない。
68  ジバニャン  2017/08/20(Sun) 10:34 ☆ID:/jroiUjU☆
受験勉強もあるけど…、今、夏休みの宿題やってる…
69  ☆MARISA☆  2017/08/20(Sun) 15:51 ☆ID:zyx7RnFQ☆
そうなの?私もまだ宿題終わってない…。だけど来ちゃうw
70  ジバニャン  2017/08/20(Sun) 17:06 ☆ID:/jroiUjU☆
その気持ち分かる〜←なんか最近こればっかり言ってるw
71  ☆MARISA☆  2017/08/20(Sun) 17:50 ☆ID:zyx7RnFQ☆
だよね〜!!私は「マジで!?」と「ヤバくない!?」っていっちゃう!
72  ジバニャン  2017/08/21(Mon) 08:43 ☆ID:/jroiUjU☆
あと私、「白目」使うの好き笑
たまに「←」も使う
例えば、宿題終わらない…(白目) とか宿題終わらないけどいいや← とか
73  ☆MARISA☆  2017/08/21(Mon) 11:02 ☆ID:zyx7RnFQ☆
あ〜分かる!「←」って結構使う!
74  ジバニャン  2017/08/21(Mon) 13:21 ☆ID:/jroiUjU☆
キッパでもよく使ってる笑
もし登録できたらフォローする!
75  れもん  2017/08/21(Mon) 22:03 ☆ID:wriUgnOo☆
ジバニャン、久しぶりー!
宿題終わった?
76  ☆MARISA☆  2017/08/21(Mon) 23:10 ☆ID:zyx7RnFQ☆
キッパの中ではなんて名前なの?
77  ジバニャン  2017/08/22(Tue) 12:50 ☆ID:/jroiUjU☆
>>75
明日から学校始まるから宿題終わらせたよー!
78  ジバニャン  2017/08/22(Tue) 12:51 ☆ID:/jroiUjU☆
>>76
「ルナは天文部@ぬこ」だよー!
79  ジバニャン  2017/08/22(Tue) 17:29 ☆ID:/jroiUjU☆
学校始まるししばらく小説書けれないかも…。
80  ☆MARISA☆  2017/08/23(Wed) 06:17 ☆ID:zyx7RnFQ☆
今日から学校なんだ!!私は29日からだよ。小説の件りょーかい(^ò^*)
81  ジバニャン  2017/08/23(Wed) 13:21 ☆ID:/jroiUjU☆
でも昼から帰れる♪
82  ☆MARISA☆  2017/08/23(Wed) 18:27 ☆ID:zyx7RnFQ☆
おかえり〜♪
お疲れ様ですm(>¿<)m
83  陽菜  2017/08/24(Thu) 16:48 ☆ID:zyx7RnFQ☆
元☆MARISA☆です!名前変えました。
小説もう少し待っててください!
(誰も待ってないけど、、。)
84  ジバニャン  2017/08/24(Thu) 18:34 ☆ID:/jroiUjU☆
>>82
ありがとうございます!
>>83
持ってるよー!
85  陽菜  2017/08/24(Thu) 18:37 ☆ID:zyx7RnFQ☆
はわわ!待っててくれる人がいるなんて、、。嬉しすぎる!!
陽菜頑張る!
86  ジバニャン  2017/08/25(Fri) 13:18 ☆ID:/jroiUjU☆
頑張ってー
私もそろそろ書こうかな、
87  陽菜  2017/08/25(Fri) 17:26 ☆ID:zyx7RnFQ☆
今度、「おしゃべりルーム」っていうスレ作るんだけど来てね!
88  陽菜  2017/08/25(Fri) 18:17 ☆ID:zyx7RnFQ☆
好き〜私の本当の気持ち〜 第1話
「ゆあちゃんが好きなんだ。返事はゆっくり考えて!じゃ。」
「えっ。」
え〜!さっき好きって言ったよね?学園王子様の優斗君が私に告白なんて…。
ちょっと待って!状況を整理しよう。
私の名前は、有岡優愛。1ケ月前に小川高校に転校してきたの!
それで1ヶ月友達もできて、楽しく過ごしてます!それで今日、優斗君に告白されました。
なんで?この状況意味分からなすぎです…。
「ゆあー。何一人で喋ってるの?早く教室行かないと授業始まるよ?」
彼女は、白石紗羅。さらは、しっかり者でサバサバしてるタイプかな?
優柔不断な私とは全然違うけど大好きな友達なんだ!
89  陽菜  2017/08/25(Fri) 18:41 ☆ID:zyx7RnFQ☆
「ゆあー。本当にヤバいよ?」
「あっ本当だ。ヤバいーー!」
ホームルーム開始は9:00なのに、もう8:55だ!
「ゆあちゃん。さらちゃん。ぼくたちも一緒に行っていい?」
声のする方を見てみると、優斗君と双子の弟海斗。
今流行りのツンデレって奴!でも海斗のデレ見たことないなぁ。そしたらただの「ツン」じゃん(笑)
「行こっ!ゆあちゃん。」
優斗くん手が…///どうしよう。手から鼓動分かっちゃうかな?でも嬉しい!
ーパシッー
え!?海斗!?
「わりぃ。優斗つい…。なんつーか。優斗の手が、こいつでよごれるかと…。」
「は?何言ってんの?海斗め…。」
「そんなに優斗と手繋ぎたかったのか…。」
「海斗なんか言った?」
「別に。なんもいってねーよ。」
変な海斗。
「海斗、もしかして…。ぼくも本気出そうかな」
「ん?優斗君もなんかいった?」
「んーん。こっちの話」
「えー!!」
「それより、返事は?」
あ!そうだったー!!
神様、私のハッピーライフはどうなってしまうのでしょうか…。
続く
90  陽菜  2017/08/26(Sat) 08:51 ☆ID:zyx7RnFQ☆
久しぶりに小説書いてみた!(,,^v^,,*)/
91  ジバニャン  2017/08/26(Sat) 09:58 ☆ID:/jroiUjU☆
>>87
わかったー!
>>88>>89
海斗君も優斗君ももしかして…!?
92  ジバニャン  2017/08/28(Mon) 18:58 ☆ID:/jroiUjU☆
明日…ぐらいに書けれるかな。
93  陽菜  2017/08/28(Mon) 20:44 ☆ID:zyx7RnFQ☆
分かった〜!!
楽しみにしてまーす!
94  ジバニャン  2017/08/30(Wed) 13:44 ☆ID:/jroiUjU☆
私の願い〜友情と恋の物語〜 第4話
あれは4月の終わり頃。
昼休憩の時、私は1人でトイレに向かってた。
トイレのドアを開けて中に入る。
これから始まる学校生活にときめいていた時、ある話し声が聞こえたー。
それは同じクラスの田中さん達だった…
「ねぇ、猫田さんってさー」
(え、私?)
嫌な予感がする中、私は考え事を辞めて耳を傾けてしまったー。
「猫田さんってうち達のクラスの?」
「そうそう。あの子ってさ、猫かぶってるよねー。」
「あー、それわかるー。名字が猫田だから?キャハハ。うけるー」
「さすがこころー。上手いー。」
「けどあの子って少し暗いよね。可愛い顔して猫かぶってて。」
「あとあとー。聞いた話によると猫田さんってスポーツできるらしいよー。すごい上手いんだってー。・・・勉強の方は知らないけど」
「あ、そうなのー?へ〜」

「・・・!!」

・・・つい耳を押さえてしまった。
聞きたくない。目から涙が出そうだった。…聞かなきゃ良かった。でももう遅い。てっきり私の話は全部良い方かと思ってた。・・・でも今回は違った。完全に悪口だった。
(そうだった…。そう言えばあの子達ってそういう性格だった…)
嫌な予感は当たってた。
これから私は…どうなるんだろう。
考えるのも怖かった。
帰ったら…お母さんに相談…
もう用もたした私は急いでドアを開けて外に逃げた。
外に出たとき、一瞬、田中さん達は顔に冷や汗をかいているのが見えた。
続く
95  陽菜  2017/08/30(Wed) 16:33 ☆ID:zyx7RnFQ☆
うわ〜!!超上手!!
何げなく教室入ろうとしたら、自分の話してたってある〜
でもその逆もあるかも…
菜月ちゃんにも、田中さんにも共感できる!!
96  みうにゃん  2017/08/30(Wed) 21:12 ☆ID:9GKJZ6zg☆
わかるー。教室入ろうとして
自分の話されてたら、すぐ出てこっそり聞くってゆー。
あと、自分が話しててその人が入って来たら
すぐやめるってゆーww
97  ジバニャン  2017/08/31(Thu) 17:35 ☆ID:/jroiUjU☆
>>95
ありがとうー!見てくれる人がいてすごく嬉しいよー!
>>96
皆必ずそういうのあるよね。私も共感できる))
98  ジバニャン  2017/09/02(Sat) 18:42 ☆ID:/jroiUjU☆
小説明日書けれるかも。
99  みうにゃん  2017/09/03(Sun) 00:49 ☆ID:Us/nJKPM☆
まじ!?
楽しみにしてる〜〜。
100  ジバニャン  2017/09/03(Sun) 18:02 ☆ID:/jroiUjU☆
私の願い〜友情と恋の物語〜 第5話
トイレから逃げるように出た私は、教室に駆け込んだ。
先生と田中さん達が来る前に私は慌てて目からこぼれ落ちそうになった涙と汗をふいた。
授業が始まっても私は集中できなかった。

「ただいま…」
お母さんは晩ごはんの準備をしていた。
ちなみに私の家ではお父さんはいない。
お母さんとお父さんは離婚したからだ。
ちなみにこの世界には不思議なものが「生えている」。
例えば私のお母さんと私は猫の耳と尻尾が生えている。
お父さんには何も生えていない。
世の中では「生まれつきだからしょうがない」ですまされている。
「…どうしたの?何か学校で嫌なことでもあった?」
「うん…実は…」
私は田中さん達のことを話した。
「お母さん…どうしよう私…。いじめられるよ…」
「夏樹」
「うん…」
「全部、お父さんがいけないのよ」
「・・・え?」
「そうだわ。きっとそうよ。みんなみーんなお父さんのせいなのよ。夏樹は何も悪くないのに理不尽な理由でいじめられる、家が貧乏になったのも、夏樹が勉強できないのも、部活禁止っていうのも、全部」
「お母さん…?」
「ねぇ、夏樹。あなたはお父さんのこと好き?無個性のお父さんのこと好き?」
「…!」
私は…お母さんが怖くなって自分の部屋に急いで避難した。
(皆…!おかしくなってる…!)
もう不安しかなかった。
続く
101  ジバニャン  2017/09/03(Sun) 18:14 ☆ID:/jroiUjU☆
私願い〜友情と恋の物語〜 第6話
その後、私は晩ごはんを食べた。
もうわかった。お母さんにお父さんの話は禁句だということ。
(お父さんの話をするのをやめよう…)
お父さんの話をしなければお母さんはどこにでもいる普通のお母さんだ。
あのお母さんは…何かに…とり憑かれているような…
霊感はないけど、なんとなく嫌な感じがする。
続く
102  陽菜  2017/09/03(Sun) 19:30 ☆ID:zyx7RnFQ☆
おぉ〜!!更新されてる。
お母さんは、いったい何者なの??
怖くなってきたな……
103  ジバニャン  2017/09/04(Mon) 21:33 ☆ID:/jroiUjU☆
恋愛小説書こうとしたけどなんか別の話にw
作者の私もどうなるかわからない〜。
104  みうにゃん  2017/09/05(Tue) 16:27 ☆ID:pfOI1nh.☆
怖いっっ!!
まじでどーなるの!?
105  ジバニャン  2017/09/07(Thu) 22:17 ☆ID:/jroiUjU☆
土日小説書きます!(土日しか書けれなくてごめんね)
106  陽菜  2017/09/08(Fri) 06:10 ☆ID:zyx7RnFQ☆
分かった!!
楽しみにしてまーす(#^3^#)
陽菜も小説書こうかなぁ〜。
107  みうにゃん  2017/09/08(Fri) 21:54 ☆ID:g3C3buSA☆
おっ!陽菜、小説書くの〜?
書いたら、絶対読むーーー!(^O^)
108  陽菜  2017/09/08(Fri) 21:57 ☆ID:zyx7RnFQ☆
1話は、もう書いたけどね〜
109  ジバニャン  2017/09/10(Sun) 10:58 ☆ID:/jroiUjU☆
私の願い〜友情と恋の物語〜 第7話
次の日。
嫌な予感がする中、私は学校に向かってた。
嫌な予感を打ち消すように私はお父さんのことを考えてた。
嫌な予感もお母さんのことも今は考えたくなかった。
お父さんの記憶は小学3年生ぐらいで止まってる。
何時もお父さんはお母さんに♪痴を言ってた。
私は少しだけ聞いていた。
お父さんの話はどれも会社のことばかり。
「自分は普通の人間だからか同僚も先輩も皆ためらってる」とか「おれってそんなに暗いかな?」とか。
どれもマイナスなことばかり。
それに対してお母さんは「なら仕事辞めればいいじゃない」とか「生まれつきだからどうしようもないのよ」とか。
私はそういう話を聞いて何時もこう思ってた。
(お父さんかわいそう…。動物の耳や尻尾が生えてないだけでこんな差別されるの?そもそも普通の人間って何?私達も動物の力を持っているけどそれ以外は普通の人間だよね…?)
と、難しいことを考えてた。

お母さんはだんだんストレスが溜まって…、そしてお父さんと離婚した。
お父さんは今何をしているのか知らない。会社に行ってるかもしれない。私が知ることもないだろう。

学校に着いた。玄関に向かって靴を脱いで上靴に履き替えようとした・・・

いのに、嫌な予感は当たってた。
続く
110  陽菜  2017/09/10(Sun) 12:47 ☆ID:zyx7RnFQ☆
お父さんとお母さんが離婚した理由は、そうだったのか…。
耳や尻尾が生えてるのが普通ってこと??
嫌な予感とは?
続き気になる!

111  ジバニャン  2017/09/10(Sun) 16:20 ☆ID:/jroiUjU☆
小説読んでくれてありがとう〜。なかなか進まなくてごめんね…
いっぺんにたくさん書くとデータファイルが壊れたって出て…
112  ジバニャン  2017/09/16(Sat) 16:47 ☆ID:/jroiUjU☆
私の願い〜友情と恋の物語〜 第8話
下駄箱に上靴があったところまでは良かった。
良かったんだけど・・・
「!これ・・・」
目の前の光景に目を大きく開けた。
そこには・・・

私のところにだけ、上靴に落書きがかかれている。
それだけじゃない。上靴の周りにはゴミがたくさん詰まってる。
上靴にかかれた落書きはどれも私の悪口だった。
「猫ウザイ」とか「♪♪」とか。
嫌な予感は・・・当たってた。昨日から私は…怖かった。いじめられるのではないかって。本当に・・・いじめはあった。
とりあえず上靴にかかれた文字は消して、大量のゴミも捨てた。
なんとかなった…と安心するのもまだ早い。
本当の地獄は…ここからだった。
教室に入るなり田中さん達に悪口を言われる、机には私の悪口、机の中にはゴミが散乱、椅子も机から離れてた。
他の女子や男子を見る。
皆、「自分には関係無い」といった顔をしている。
先生に相談したいけど、私にはそんな勇気はなかったし、そんな気にもなれなかった。

(お母さん…!お父さん…!もう誰でもいいから助けて…!)
私は泣きそうになるのを堪えた。
(もう…しにたい)
もう駄目かな、私ってやっぱり弱いな、お父さんに似てるな、とマイナスなことを考えている時…!

「大丈夫!?」

助けの手が…そんな私を許してくれた。
続く
113  ジバニャン  2017/09/23(Sat) 17:05 ☆ID:/jroiUjU☆
私の願い〜友情と恋の物語〜 第9話
「ー大丈夫?」
また私を呼ぶ声がした。
(!!この声って…!)
私は急いで机に突っ伏してた顔をあげた。
やっぱりそうだった。
声の持ち主は岡 大樹(おか だいき)君。オオカミの耳と尻尾と牙を持っている。髪の色も瞳の色も青と黒が混ざってる。学校のアイドル的存在。動物はオオカミだけど、怖さは全くなくてすごく優しくてイケメンで…!私も(作者も)好きな男の子。何時もは遠いい存在だったのに…!私が、好きな人に助けられた…!
「どうしたの?顔、赤いよ?」
岡君は顔を近づける。ち、近いよ…。
「もしかして…、猫田さん、田中さん達にいじめられた?」
こく、頷くことで精一杯だった。いろいろ。
「そっか…。よし、わかった。ボクが先生に言っとく。」

彼は私の耳元であることを呟いた。言った後、私が耳まで赤くなったことに気づいた。彼はにこっと笑うと私の頭をぽんぽんと軽く叩いて教室を出ていった。
心臓がバクバク言ってた。
そこまで…言われるともう…!
限界に近かった私は急いで教室から出てトイレに向かった。
あの言葉を思い出すとまた涙が溢れそうだった。
だって…彼は…こう言ったのだ。

「何も心配しなくて大丈夫だよ。だってボクは…、君を絶対に守るから」

続く
114  ちょこ  2017/09/24(Sun) 17:53 ☆ID:NeQIa1vw☆
急に入ってごめんなさいっ!
シバニャンの小説凄く面白いっ!
最高です。d(`・ω・´„d)
115  みうにゃん  2017/09/25(Mon) 19:23 ☆ID:TpwOBXTY☆
ちょこ、だよねー!めっっちゃわかるー。
ジバニャン、天才だとまじで思う!お世辞じゃ
なくて!

116  みうにゃん  2017/09/25(Mon) 19:26 ☆ID:TpwOBXTY☆
その、岡 大樹ってめっっちゃカッコイイじゃーん!
頭ポンポンとかやばい♥️
117  ジバニャン  2017/09/25(Mon) 21:53 ☆ID:/jroiUjU☆
>>114
ありがとうございますー!急に入ってOKー
>>115
天才って言われたの初めて笑
>>116
私も書いてて恥ずかしいよー))
118  かみゅん  2017/09/26(Tue) 21:48 ☆ID:NeQIa1vw☆
117»ありがとデス〜!
119  ジバニャン  2017/09/28(Thu) 21:50 ☆ID:/jroiUjU☆
土日に小説書きま〜す!小説の世界のこと書くよ〜
120  かみゅん  2017/09/29(Fri) 17:53 ☆ID:NeQIa1vw☆
119»楽しみだいっ!
121  ジバニャン  2017/09/29(Fri) 22:21 ☆ID:/jroiUjU☆
私の願い〜友情と恋の物語〜 第10話
今までの話は私が中1の頃の出来事。岡君は先生に言って田中さん達のいじめがバレた。
いじめはなくなったものの、今でも田中さん達に出会うとコソコソ噂される。
嫌だけどしょうがない。何かされるよりはマシだ。

この世界のことを話そう。私達が住んでいるのは“地球”。でも君達が暮らしている地球とはちょっと違う。だって私達、「動物の能力を持っている」んだ。それも生まれつき。動物だけっていう生き物はこの世界には存在しない。
私は猫。田中さんは犬。猫と犬は仲が悪い。だから私達がわかりあえるなんて…、多分ないと思うんだ。
中にはお父さんのように何の動物も備わっていない人間だっている。
少し珍しいかも。でもこの世界はそれだけで差別される。理不尽すぎて私はあまり好きじゃなかった。
ちなみに動物の力がどうやって人間にいくのか解明できていない。謎に包まれていた。
お父さんを見ていて何時も思うことがある。

もし、私達人間に動物の力なんて最初からなかったら。
理不尽な世の中じゃなかったら。
「動物」という生き物が存在したら。
お父さんもお母さんも仲が良かったら。
いじめもなくなってほしい。

それが私の願いー。

続く
122  陽菜  2017/10/07(Sat) 13:01 ☆ID:Yf0BWxVw☆
久しぶりです!!
一気に読んだ〜
菜月ちゃんの恋、応援してます!
123  陽菜  2017/10/07(Sat) 13:08 ☆ID:Yf0BWxVw☆
ID変わってるけど、気にしないで!!
なりすましとかじゃないよ〜
124  ジバニャン  2017/10/07(Sat) 15:29 ☆ID:/jroiUjU☆
>>122
前からちょっと気になってたけど菜月ちゃんって誰だっけー?←
125  陽菜  2017/10/07(Sat) 16:30 ☆ID:Yf0BWxVw☆
夏樹ちゃんだった!!!
ジバニャン本当にごめん!!!!
間違ってたらいってね。

126  ジバニャン  2017/10/08(Sun) 10:41 ☆ID:/jroiUjU☆
>>125
あ、やっぱり(?)夏樹ちゃんだったのかー
人間誰でも間違いはあるから大丈夫だよー。
127  ジバニャン  2017/10/08(Sun) 17:08 ☆ID:/jroiUjU☆
私の願い〜友情と恋の物語〜 第11話
私はやっぱり体育系研究部に入った。

128  ジバニャン  2017/10/08(Sun) 17:27 ☆ID:/jroiUjU☆
私の願い〜友情と恋の物語〜 第11話
私はやっぱり体育系研究部に入った。
田中さん達のことはスルーしようと決めた。
岡君はずっとサッカー部に入ってる。
スポーツのことをもっと知ったら岡君に近づける、と考えていた自分も居た。
でも本当のことだ。
田中さん達も多分、そう思っているだろう。

この世界のことをまたもう少し話そう。
人間に生えている動物の耳や尻尾等の部分。
それらは病気になったりしないし取れることもない。
同じ動物でもそれぞれ形や色、模様等が違う。
同じ顔の人間がいないように。そっくりさんはいるかもしれないけど。あ、もちろん双子は別ね。
同じ顔の人が居たらそれこそ怖い。(拝啓←)ドッペルゲンガーだ。

お母さんのこともお父さんがどこに居るかもまだわからない。
何時か分かる時が来るといいなと思ってる。
また何時か私はつい最近ネットで知った“妖怪や幽霊が見える高校生の少年”という人に頼もうかなと思う。
嫌な気配を感じたりして頼めばなんとかしてもらえるという。
ボランティアのつもりでやっているという噂。
そしてなんと家が近いっていう。
よし!明日は月曜日で祝日だから頼もうと…!
でもこんなに軽いノリでいいのかな…?
続く
129  ジバニャン  2017/10/08(Sun) 17:32 ☆ID:/jroiUjU☆
>>127 は気にしないでね〜
130  ジバニャン  2017/10/09(Mon) 09:47 ☆ID:/jroiUjU☆
私の願い〜友情と恋の物語〜 第12話
あの日。
ぼくは不思議な世界に飛ばされた。
見た感じぼく達が住んでいた地球と変わらなかった。
でも住んでいる人達がつけているものを見たらぼくが知っている地球じゃないと思った。
コスプレとは思えないほどリアルな“動物の体部分”。
ついていない人もいる。
これは一体…?
でも不思議と怖くはなかった。
そうだ、これは「コスプレをしているんだ」と思えばいい。
ただそれだけ。
それ以外は何もおかしくない。
ぼくが住んでいた日常と何1つ変わらない。
と思っていたのにー。
続く
131  ジバニャン  2017/10/09(Mon) 10:04 ☆ID:/jroiUjU☆
どうやらこの世界は地球に似た「別の惑星」らしい。
この世界の街中を歩いていると信じられない光景が。
街のはしっこにサラリーマンの4人が困った顔をしていた。
4人とも若い男性のよう。でも1人だけ耳や尻尾等が生えていない。
その人だけぼくが暮らしていた地球での人物のような気がした。なんとなくそんな感じがした。
他の3人の会話が聞こえる。
「なあコイツどうする?明らかにコイツはこの惑星の人ではないだろう?」
「動物の耳とかついてないしな。」
「それはその…これ生まれつきで…」
「生まれつきぃ?お前何言ってるんだ。産まれてからそんなの生えてない人なんか居ないぞ。そういうのないのってよその世界から来た人だけだぞ。お前今までずっと隠しているって言いながら嘘ついていたのか」
「ご、ごめんなさい!実は…そうなんです」
ぼくはあの人達を見てびっくりした。
この世界は…ここの惑星で産まれてない…よそから来た人を…そんなに差別するんだと。
続く
132  みうにゃん  2017/10/10(Tue) 19:23 ☆ID:tlVjAayg☆
ミステリー小説、やばい!
ほんとに上手だね!ジバニャン!
恋の方も待ってまーーす!♥️
133  陽菜  2017/10/10(Tue) 21:28 ☆ID:Yf0BWxVw☆
ね〜!
恋愛小説のはずなのに、ホラーに思えてくるw
でも面白い!!!
岡くんとの恋は、どうなるの〜!?
134  ジバニャン  2017/10/11(Wed) 21:57 ☆ID:/jroiUjU☆
>>132
あんまりうさぎ掲示板向きじゃない話になってきたねwでもまさかこんな話になるなんて…私でもびっくり(笑)
>>133
そろそろ岡君の恋物語書く予定〜
135  ジバニャン  2017/10/15(Sun) 17:46 ☆ID:/jroiUjU☆
私の願い〜友情と恋の物語〜 第13話
ボクが中学1年生の時、初めて同じクラスになった子が気になった。
小学校の頃見たことなかったから別小出身なのだろう。
ボクは最初見た時、なんて綺麗な子なんだろうと思った。
目はすごく大きく髪はポニーテールにしている。
結んでいてもそれ以上髪が長く、量も多いい。
髪も瞳の色も鮮やかなオレンジと黄色が少し混ざってる。
彼女の名前は猫田夏樹。動物は猫。
ボクの名前は岡 大樹。動物はオオカミ。
猫とオオカミ、かー。相性は合うのだろうか。
でもボクは諦めない。何時か人間が持っている動物の相性の常識を越えるまで。

まだ誰にも言ってないけどボクには好きな人がいる。

守りたい存在。

彼女はああみえて実は怖がりなんだ。

彼女をいじめるアイツらをボクは許さない。

誰よりボクは彼女のことがー


好きなんだ。

続く
136  陽菜  2017/10/15(Sun) 20:37 ☆ID:Yf0BWxVw☆
キャーーーー!!
岡くんも夏樹ちゃんのこと好きだったの!?
両思いだーーーー!
いいな〜
私も好きな人にそんな風に思われたいっ!w

137  ジバニャン  2017/10/16(Mon) 22:09 ☆ID:/jroiUjU☆
お互いなかなか言えれないんだよね。
ちょっとネタバレしますがまた何時か岡くんのライバル的存在なイケメン男子出てきます。
絵を載せることはできませんが想像で(私好みの男子です笑)。
138  みうにゃん  2017/10/20(Fri) 21:17 ☆ID:5sdaEw72☆
やばい、やばい!岡くんやばい♥️
まじでこんな男子、現実にいたらなーー。笑
139  ジバニャン  2017/10/22(Sun) 17:53 ☆ID:/jroiUjU☆
私の願い〜友情と恋の物語〜 第14話
〜夏樹ちゃん・岡君〜
君は、
笑顔が素敵で、
優しくて、
明るくて。
だってー
私はー、ボクはー、君のことがー
好きなんだ。
この気持ちを。早く。
伝えたい。

???『へぇ…あの子がこの世界で伝説の…いいねぇ…すごく可愛い…オレの彼女にしたいなぁ…』
続く
140  ジバニャン  2017/10/22(Sun) 18:08 ☆ID:/jroiUjU☆
ある街にある少女はいた。
彼女は動物の力を持ってはいるものの、誰もそれは何なのか見せなかった。
見せなかったんじゃない。見せれなかったのだ。
その動物の力はあまりにも恐ろしくて。
知ったら誰もがその人に逆らうことはできない。
sage  pre  等幅 書き込み後もこのスレッドに留まる
名前: メール:

■∩∩ うさぎ掲示板 ∩∩に戻る■  ページの先頭まで飛ぶ  レスを全部見る  最新レス100件を見る

readres.cgi ver.1.68
(c)megabbs
(original)